忍者ブログ
大航海オンラインNotosサーバーで模擬ばっかりやってる人の脳内
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


AIONちゅーゲームです。
綺麗でなかなか面白い@p@
PR
2009.2.7.能登の敏腕ディレクター ヌノ・ゴメス氏により
軍人の日頃の腕を競い合うNFC第2回大会が行われました

大海戦でMVPを取るのが軍人の名誉ですがこの大会もまた
能登の軍人にとっては一味違った名誉であると思います。
自分が所属する多国籍による模擬戦団体PLX(ファランクス)
もこの大会に参加して色んなメイクドラマをしながら見事優勝
を勝ち取ることができましたので久々に記事を書いてみた所です。

私たちは特別に秀でたスキルがあるわけではないです。
なのにナゼ優勝できたかという所に疑問を感じる人は少なくないと
思います。今回はその辺について触れてみたいと思います。

艦隊構成

旗 フィリバスタ 装甲戦列 OPポンプ
2  上級仕官         OPポンプ
3  上級仕官         OP修理支援
4  上級仕官         OP司令塔
5  斥候  1戦強襲ガレアスOP装(仕込み)強襲(耐砲撃)

見ての通り砲術家はいません。なぜかというと個人の技術の関係上
回避優遇は不可欠であり砲術家をフリーにさせておくほどの耐える
技術もないからです。斥候の仕込み爆弾は遊びでつけていたもので
特にこれというような理由はなかったです。ポンプはINファイトをする人
が護身用につけています。修理支援はもう無くてはならない気がします
し司令塔ももはや説明いらないぐらい浸透してます。

戦術詳細

MAXにおいて防御スキルを使いつついかに有利に持っていけるかを重視し
当初はキャノン5という選択でしが長期戦に耐えられるかということもあって
キャノン2カロ3(斥候は砲術寄りのスタイルができるのでカロ)ということに
なりました。ここで一番きをつけないといけないのは攻め意外は必ず回避
連弾防御維持というとこにあります。こうすることによってキャノンによる被
を確実に減らすことができるからです。特に自分らは中距離より内側にいる
ことが前提ですからこれは不可欠かつキャノン多めの艦隊には確実に精神的
有利に立つことができます。これをベースに

1チャンス以外連弾、回避を確実に入れる
2フォローは安全な場合以外かならずいく
3斥候の機雷を生かし無駄な攻めはしない
4緊張しないように気楽にいく

という作戦を取りました。地味ですが修理支援も相まって安全かつ有効に攻める
ことができるリスクの少ない戦術だと思います。

大会内容

予選

ある程度相手艦隊の構成は把握していましたので気負わずにいけたと思います
しかし、ウッカリしたミスと攻めの方向がばらばらになってしまったために初戦から
苦戦を強いられ下手したら予選落ちのところをカバーしあいながらなんとか予選
2位通過できました。他のリーグなら予選敗退のところ我等のリーグだけ4艦隊
だったという事もありなんとか通過できた感じでした。

本戦1

イスパニア屈指のマッチョ艦隊LAと当りました。ここには前日の練習で3戦全敗という
苦汁をうけた艦隊であり、超えないと先へ進めない名峰でありました。特に目を見張る
のが能登のミスターガレアスことガルノルトさんがヴェネツィアンガレアスOP先制による
砲弾削り+船員削りによるInファイト、そこにshiroariさんによる装甲OP仕込みによる
追い討ち砲弾削り。この凶悪なまでの徹底ぶりが恐ろしくもあり、模擬を次のステージ
へと誘う革命的な艦隊だったと思います。それに加え精度の高いカロネード軍もいて
まさに優勝候補にふさわしい構成でした。
前日の惨敗による精神的ダメージを受けた我が艦隊はここで一つの奇策とある意味
特攻的な戦略を立てることになります。

指令「どうせ負けるなら旗狙いを総攻撃でいこう。」

この作戦が見事にはまり今までほぼバラバラだった狙いが一つになったと言えます。
プラスして前日に悩んだ末に考案した奇策

強襲ガレアスの投入

今までこのような鬼スキルを使うことをためらい封印していたのですが仕込みX2という
戦略的かつ完璧なまでの勝利へのこだわりに対し腹をくくって使うことができました。
なぜ強襲ガレアスか?そのヒミツは相手の仕込み爆弾は白兵しないといけないという所
にあります。白兵での使用が前提ということは強襲のスキルである破壊工作と同じ種類
のスキルでありうかつに維持しようものなら完全舵破壊、完全帆破壊、大浸水、全てを
うけてしまうことになります。そうすることにより相手の白兵を制限しつつ斥候の弾薬を
失ってもサポートに回すことができると考えたのでした。生存を重視し耐砲撃装甲を
つけて相手の砲種類を前日により把握していたので通常弾防御を操舵を捨ててまで
連れてきたのも優位に進められた要因だったと思います。相手には驚異に感じられたか
は定かではないですが、相手艦隊の中核と踏んでいたVガレアスを不用意に近づけさせ
ない効果はあったと思います。それにより優遇機雷の弾薬確保もできました。

勝敗を決定付けた旗狙い

皆旗狙いの意識によるフォローと動き方は把握していたので機雷優遇の斥候は特に
旗に近づいて仕事をはたさなければなりませんでした。流れの中で多少の戸惑いを
覚えた相手チームは結局絶好の旗狙いへのフォローにいけず強襲による白兵への
撤退を余儀なくされた相手旗艦は沈められる事になりました。私たちの今までの基本
方針がカロをまず静めるという事だったのですが、複数人いる場合結果として混乱を
招くことに気づいていませんでした。それを今回の勝利に導かせてくださったのもこの
LA艦隊があったおかげで、前日に惨敗という経験をさせていただいた事は本当に感謝
の一言につきます。PLXはこの先も旗狙いの方針を追及していきたいとおもっています。

本戦2・3

リスボンの底模擬で相手の特性を把握していましたのでそれほど緊張することもなく
闘うことができました。ここでは小細工は一切無用の総力戦です。

決勝

からくも決勝まで漕ぎ付けた我が艦隊は能登最強と呼び声も高い海鷹艦隊とあたる事に
なります。この艦隊は硬い提督、強烈なまでのINファイト、最高精度を誇るカロネードの
3枚看板という凶悪かつ至高の艦隊です。勿論今まで勝利を収めたことは一度もなかった
です。ここでも本戦1での経験を生かし旗への総攻撃という作戦に出ることになりました。

分業化の危険性

ここでは意外にも苦戦を強いられることなく勝ってしまうことになるのですが、MAX模擬に
おける機雷発見の分業化が一つのキーポイントになります。発見スキルを意識している
相手艦隊が1名でしかも砲術家であったがために相手提督白兵の前方に張り巡らせた
大量の機雷を発見し損ねていたことを動画で確認しました。これは発見を任せきってしま
った代償でMAX模擬においては沈むリスクが格段に跳ね上がると思われます。今大会
で優遇機雷+砲術で沈んだケースを何件も耳にしたので向上を図る上では必須項目に
なってくると思いました。

余談ですが相手艦隊は撃沈された砲をキャノンと見誤っていたようですがカロネードでした。

総括

今大会は模擬全体の質の向上があったためにどこの艦隊も勝利できるほど甘くはない
はずだったのですが作戦次第では勝利できることが解かりました。次のステージへの
糸口になる 戦略 こそが長く楽しめる要因になってくると思われます。
相変わらず模擬ばっかりやってる逆毛です。
いきなりですが最近のあっしのお気に入りスタイルを晒します

船  装甲戦列艦ウコン色
職  砲術家
帆  改ゲルン*1ノーマル帆*3
特  スパンカー*2
砲  カロネード(その日持ってるやつ)
板  圧延OR硬化*3

戦闘中のスキル切り替え
艦隊の外側開始時は逃走+回避+速射(旗追い越したら水平+弾道+貫通)
その間に敵艦の砲種を見て危険人物を察知
連弾に挟まれそうなら水平+弾道+回避
通常弾の集合なら水平+弾道+通常弾防御
連弾が多数いるが外側を取れて尚且つコンボがない場合水平+弾道+貫通
砲撃がゆるい人の集合なら水平+弾道+貫通
こんなかんじでやっております
自分ではなかなかいい線いけてると思っているのですが、
艦隊により生きる艦隊と死ぬ艦隊があります。

生きる艦隊

連携のバランスが良くて旗以外にも気を配れる艦隊
全体の船スピードが速い艦隊
自分が提督してる艦隊(ブーン仕様)

死ぬ艦隊

連携のバランスが取れない艦隊(あたりまえですね)
先行組が船足が遅く自分がういてしまう艦隊(i敵の艦隊に囲まれます)
INファイト多めで打たせて取る艦隊(自分がINした時に進路がかぶってしまう=囲まれる)

INファイトで囲まれて生きるのはカッコイイんですが進路がかぶるのと射程内に入られると
撃沈できるものもできず尚且ついらん撃沈貰うので(あっしも昔ゴリINファイトしてましたが)
提督はなるべくINに入って欲しくないし、船足はある程度速めにして欲しいものです。
(提督援護の作業量が増えます)
上級士官でINファイトしてこそ軍人だ!
あっしもそう思っていましたが限界があるように思われます。

細かい操舵を得意として操舵ブーストなんか関係ないとか
いぶし銀でかっこいいんですが
見ていると「えええ!今のクリかよ!!」
みたいなのが日常です。
あとはマタギ速度が遅いことに気づいていないように思われます

そんな方は操舵上げてみましょう。
できればR17(あっしは副官+マレ+本+強化舵)
世界が変わりますから。

結局なにが言いたいのかというと
上級士官のみなさん、いい加減操舵上げましょう
ってことです。以上!

逆毛は長いこと耐砲撃装甲付きの装甲戦列に乗っていました
最初は某イングランドの操船マスターに憧れてバリバリ装甲を硬くして
ゴリゴリINファイトしていましたが細かい操船でもクリもらっちゃう事があって
操船を少し大きくすることに変えました。
そしたらだいぶ船首クリ貰わなくなったんですが
そしたら大きい舵でヤバイ位置の船尾クリ貰うようになりました。。

最初は5ボタンマウス買って帆の上げ下げで緊急回避してたんですが
(帆を下げると操船がちょっと早くなります)
今度はクリックしたところより曲がりすぎてアボーン・・
いくらマレシャル着てても操舵11+3なあっしはマタギでどえらい位置がスローなんです
これはイカンと思いまして
耐砲撃装甲から強化舵に変えました。

以前貫通が14まで上がりまして操舵上げセコセコやってたんですけども
かったるくてまだ11・・
それで上級士官に甘んじていたのですが
BCなどで凄腕模擬ERのみなさんがクルクルしてるの見て
イイナ^~と眺めるばかりでした

それで強化舵どうかっていうと
なんですかのこフリゲートは・・・
かなりすいすい曲がります
装甲戦列なのに戦列より乗りやすい
マタギ恐怖症に陥っていたのですがぶじに解消されました!

話しは変わりますが

最近キャノンに限界を感じまして・・
というのも2連弾防御の普及と高操舵の人の船首クリ
がほぼ無理になってきた事があります
数名で囲めばいけるんですがキャノンの発射ラグ
ではちと無理・・
ってなわけでカロネードでブーンしてまする
勿論INにも入りますが連弾耐性が0なので
キャノンきたら逃げます。以上



を書こうと思ってたらなんかすごい細かく戦術をまとめてらっしゃる方がいましたので
そちらをご紹介しておきます。

http://blog.livedoor.jp/zawaelf/archives/cat_1343533.html
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[08/03 トミー]
[02/10 sakage]
[02/10 オリビエ@半角]
[02/10 モジャ]
[02/10 あんど]
最新記事
最新トラックバック
(10/02)
(09/27)
プロフィール
HN:
逆毛
性別:
女性
職業:
上級士官
趣味:
模擬
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
お天気情報

HTML & CSS Designed by ittuan

忍者ブログ │ [PR]